国内挙式と海外挙式

特に女性にとって、結婚式というものは人生の中での最大のイベントとなります。そのため、他の人とは違うオンリーワンの結婚式を挙げたいと考えている人は多いのです。そういったオンリーワンの結婚式として、近年定着しつつあるのが海外挙式です。では、この海外挙式は国内挙式と比べどのような点に違いがあるのでしょう。

まずは、準備期間ですが国内挙式はゲストが多いため、しっかりとした準備が必要となります。そのため挙式の1年前くらいから準備を始める人が多数です。これに対し海外挙式は、旅行がてらという意味あいもあり、半年から3ヶ月前と遅めの準備となりがちのようです。また、その費用ですが意外と海外挙式のほうが安く上がること多いのです。理由としては、親族のみの挙式となる点、そして新婚旅行も兼ねての挙式となるからです。

そして挙式の日取りですが、国内の場合だと人気の季節や大安などは会場がなかなか取りづらくなります。しかし海外挙式の場合は、オフシーズンを狙えば旅費も格安となりますし、会場も余裕がありますので、日取りについて迷う心配が少なくすみます。このように、海外挙式には様々なメリットがあり、意外と身近で気軽に行えるウエディングとして人気が高まっているのです。